コンドロイチン サプリ 動物性

動物性のコンドロイチンサプリ

動物性のコンドロイチンサプリ

コンドロイチンサプリ 徹底攻略

コンドロイチンサプリを摂取するなら、動物性のコンドロイチンを採用しているものを選んだほうが良いかもしれません。

 

なぜなら、植物性のコンドロイチンと比較して吸収効率が高いとされているからです。

 

せっかくコンドロイチンサプリを摂取しても、体内に吸収されなければ何の意味もありません。

 

動物性のコンドロイチンサプリならスムーズに吸収されると言われていますので、より高い健康効果が期待できるでしょう。

 

なかには動物性のコンドロイチンは避けたいという方もいらっしゃるかもしれません。

 

確かに「動物性」は「植物性」と比べて安全性が疑問視されるところですが、コンドロイチンについては動物性のものでも安心して摂取することができますので、ご安心ください。

 

ちなみに、現在販売されているコンドロイチンサプリのほとんどは、動物性のコンドロイチンを採用しています。

 

動物性のコンドロイチンを含む食品

動物性のコンドロイチンは食品で摂取することもできます。

 

代表的な食品として挙げられるのが、フカヒレ、すっぽん、うなぎ、ナマコ、鮭、イカなどです。

 

ただ、コンドロイチン含有量が多いとされるフカヒレスープでも一食あたり100mgから200mgしか摂取することができません。

 

コンドロイチンは一日あたり800mgから1500mg程度の摂取が好ましいとされていますので、やはり食品ではなくコンドロイチンサプリで摂取したほうが効率的だと考えて良いでしょう。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ