コンドロイチン サプリ 副作用

コンドロイチンサプリの副作用

コンドロイチンサプリの副作用

コンドロイチンサプリ 徹底攻略

コンドロイチンはもともと人間の体内に存在している物質であるため、基本的にコンドロイチンサプリを摂取しても副作用が出ることはないと言われています。

 

そのため、コンドロイチンサプリは安心して飲むことができるといえるでしょう。

 

ただし、コンドロイチンの一日あたり目安摂取量は上限が1500mgとされているため、この量を上回らないことが大切です。

 

目安摂取量を上回った場合、吐き気や下痢、便秘といった症状が表れるとの報告もありますので、目安の範囲内で摂取するよう心がけてください。

 

また、以下の場合はコンドロイチンサプリの摂取は控えたほうが良いとされています。

 

喘息を持っている

コンドロイチンサプリには、喘息による症状を悪化させてしまう恐れがあるといわれています。

 

したがって、喘息を持っている、もしくはその疑いがある方はコンドロイチンサプリの摂取を控えるか、医師に相談したほうが良いでしょう。

 

出血している

コンドロイチンサプリには、血液の凝固作用を抑制する働きがあるとされています。

 

したがって、出血が止まらなくなってしまう恐れがありますので、すでに出血している方はコンドロイチンサプリの摂取は控えるべきです。

 

特に抗凝固薬や抗血小板薬、非ステロイド系炎症薬などを服用している方については、注意が必要でしょう。

 

ちなみに、コンドロイチンサプリとグルコサミンを一緒に摂取すると、さらに血液の凝固が抑制されてしまうと言われています。



ホーム RSS購読 サイトマップ