コンドロイチン サプリ 原料

コンドロイチンサプリの原料

コンドロイチンサプリの原料

コンドロイチンサプリの原料は、一般的にサメの軟骨が用いられています。

 

サメ軟骨以外にも牛やブタ、魚介類の軟骨を使用しているコンドロイチンサプリも見られるようですが、基本的にはどのコンドロイチンも同じ働きをしますので、特に原料を気にする必要はないかもしれません。

 

ただし、コンドロイチンサプリの原材料表記の欄に「コンドロイチン含有サメ軟骨」と表記されている場合、注意してください

 

たとえば「コンドロイチン含有サメ軟骨抽出物1500mg」と記載されている場合、コンドロイチンが1500mg含有されているというわけではありません。

 

あくまで「コンドロイチンが含まれているサメ軟骨を1500mg含有している」という意味になるのです。

 

このような場合、実際に含まれているコンドロイチンの量は10%から15%程度とされていますので、実際に摂取できるコンドロイチンの量は150mgから225mgということになります。

 

これでは一日に必要とされる目安摂取量800mg〜1500mgには及びません。

 

コンドロイチンサプリを購入する際は、必ずコンドロイチン自体の含有量を確認しましょう

 

植物を原料としているコンドロイチンサプリ

コンドロイチンサプリのなかには、植物由来のコンドロイチンを採用しているものもあります。

 

ただ、植物を原料としているコンドロイチンはサメ軟骨など動物性コンドロイチンと比べて体内での吸着率に劣ると言われていますので、サメなど動物を原料としているコンドロイチンサプリを選んだほうが良いかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ