コンドロイチン サプリ 変形性関節症

コンドロイチンサプリと変形性関節症

コンドロイチンサプリと変形性関節症

コンドロイチンサプリ 徹底攻略

加齢とともに発症する関節痛のほとんどは、変形性関節症だといわれています。

 

変形性関節症とは、軟骨の摩耗と関節液の減少によって骨と骨が直接当たり、関節が変形してしまう疾患のことです。

 

痛みや腫れといった症状が表れますが、症状の度合いによっては個人差があるとされています。

 

ご存じのとおり、コンドロイチンサプリには軟骨の摩耗を抑制する働きがあるといわれているため、変形性関節症の予防効果も期待できるでしょう。

 

ちなみに、変形性関節症は関節があるところならどこでも発症する可能性があるとされていますが、最も体重がかかる膝関節に発症しやすいようです。

 

変形性関節症は2種類あります

変形性関節症には、一次性関節症と二次性関節症の2種類があります。

 

コンドロイチンサプリでは効果が期待できない変形性関節症もありますが、まずはそれぞれの変形性関節症の特徴をとらえておきましょう。

 

一次性関節症

一次性関節症の原因については、未だに解明されていません。

 

ただ、肥満や加齢によって軟骨が磨り減り、関節液が減少することから発症すると考えられています。

 

したがって、一次性関節症はコンドロイチンサプリで改善が期待できるでしょう。

 

二次性関節症

二次性関節症は、病気や怪我によって引き起こされる変形性関節症です。

 

リウマチや靭帯の損傷、先天的な関節構造の異常などが原因となっています。

 

先天的な関節構造の異常が原因の場合、コンドロイチンサプリでは改善が期待できません。



ホーム RSS購読 サイトマップ