コンドロイチン サプリ 保水力

コンドロイチンサプリの保水力

コンドロイチンサプリの保水力

コンドロイチンには非常に高い保水力があると言われています。

 

軟骨の分解酵素をブロックする働きがあるとされているコンドロイチンですが、その高い保水力のために最近では多くの保湿化粧品にも使用されるようになりました。

 

多くのコンドロイチンサプリは膝関節痛や腰痛などの予防目的で販売されていますが、実は美容にも効果が期待できるようです。

 

コンドロイチンは、皮膚に真皮の部分でコラーゲンの隙間を埋めるようにして存在しています。

 

したがって、真皮中のコンドロイチンが減少するとコラーゲン同士の間がスカスカの状態になり、肌の弾力性が失われてしまうのです。

 

そのため、コンドロイチンサプリで不足分を補ってあげれば、肌に弾力をもたらすことにもつながっていくでしょう。

 

保水力があるその他の成分

保水力がある成分として最も有名なのは、ヒアルロン酸です。

 

ヒアルロン酸1gあたりには6リットル程度の保水力があるといわれています。

 

保水力だけみるならば、コンドロイチンより上だといえるでしょう。

 

ただ、コンドロイチンサプリとヒアルロン酸を一緒に摂取することにより、さらに高い保水力が期待できます

 

また、ヒアルロン酸は肌に潤いをもたらすだけでなく、関節間でクッション剤としての役割も担っており、コンドロイチンサプリと一緒に関節のスムーズな動きをサポートしてくれるでしょう。

 

最近ではヒアルロン酸が同時に入ったコンドロイチンサプリも数多く販売されていますので、ぜひお試しください。


ホーム RSS購読 サイトマップ