コンドロイチン サプリ 加齢

コンドロイチンサプリと加齢

コンドロイチンサプリと加齢

コンドロイチンサプリは加齢に伴って摂取することが大切です。

 

10代や20代のうちは、体内で十分な量のコンドロイチンを作り出すことができます。

 

しかしながら、30代あたりからコンドロイチンの生成能力が衰えていくとされているため、コンドロイチンサプリで補わなければ不足する状態になりやすいのです。

 

もちろん、コンドロイチンサプリではなく食事で補うこともできます。

 

ただし、コンドロイチンを多く含む食品はカロリーが高いものが多く、毎日食べ続けることは難しいでしょう。

 

さらに食事だけで一日に必要とされている量のコンドロイチンを摂ることは簡単ではありませんので、コンドロイチンサプリで代わりに摂取することが大切なのです。
ちなみに、コンドロイチンの目安摂取量は800ミリグラムから1500ミリグラムとなっています。

 

スポーツをしている方は要注意!

普段からスポーツをしている方は、加齢を待たずにコンドロイチンサプリを摂取したほうが良いかもしれません。

 

特にサッカーやバスケットボール、バレーボールなど関節に大きな負担がかかるスポーツをしている場合は、早くから軟骨が磨り減っていき、関節痛を発症する可能性が高いといわれています。

 

多くのプロアスリートは関節痛を予防するためにコンドロイチンサプリを普段から摂取しているそうです。

 

ちなみに、コンドロイチンサプリとグルコサミンを一緒に摂取すると良いといわれていますが、グルコサミンとコンドロイチンを5対4の割合で摂取すると効率的とされています。


ホーム RSS購読 サイトマップ